ははとこと。自由な男子とママと時々パパの育児漫画-イラストレーターにいどゆうの子育てブログ-

ちょっと笑えてほっこりやさしい子育てエッセイ。イラストレーターにいどゆうのHPです

にいどゆうのブログ

【インビザライン矯正編】㊵ーおわりにーきれいな歯・義歯を長持ちさせるために続けていくこと

※当ブログではAdSense広告、アフィリエイト広告を掲載しています。
▼ はじめての方はこちらからどうぞ ▼
歯の話-はじめに&目次-

前回の話はこちら

【インビザライン矯正編】㊴最後のアライナー!新しいブリッジも作ってもらいました - ははとこと。自由な男子とママと時々パパの育児漫画-イラストレーターにいどゆうの子育てブログ-

 

おわりに 歯

 

長い長い体験談にお付き合いいただきありがとうございました。

 

最後に、矯正してブリッジを付けた後の生活について書いていきます。

 

以前書いたように、私が付けているブリッジは保険適用の「硬質レジン」といって、強度が高くなく、経年劣化の心配があります。

 

経年劣化とは、ブリッジが黄ばみやすい、歯茎に金属が触れて黒っぽくなるなどです。

歯ぎしりなどでダメージを受ける場合は義歯が割れる可能性も。

 

せっかく矯正したので、今ある歯と義歯をなるべくきれいに、なるべく長く保ちたい!

そのためにこれから続けていくことをまとめました。

 

矯正・保定期間が終わっても寝る時はマウスピースをする

マウスピースをすることで歯ぎしりのダメージや子供の頭突き(泣)から義歯を守るだけでなく、寝つきが良くなるというメリットもありました。

 

以前は頻繁に見ていた歯が抜け落ちる夢を、ここ3年ほど見ていません。

歯並びがよくなって、さらにマウスピースで口が守られているのでストレスが減ったんだと思います。

 

定期検診を受ける

矯正中は月1で定期検診+歯のクリーニングをしていました。

経済的な理由でもう少し検診の間隔を開けたいと考えていますが、少なくとも2~3ヶ月に1度は歯医者に行くつもりです!

 

ブリッジを付けている限り口臭対策はサボれません。

最近では、ブリッジやインプラントを装着している部分があっても隅々まで掃除してくれる「パウダーメンテナンス」というクリーニングがとてもよかったです!

義歯を付けている方におすすめです。

 

毎日のお手入れ

ブリッジは健康な歯と違って若干すき間があるので、毎日のフロスは必須です。

歯科医院に通うようになってから口内環境を整える意識が高まり、フロスや歯間ブラシを毎日使う習慣がついたのはよかったと思っています。

 

ブリッジの芯について考える

既にブリッジをつけてしまっているので私はもう遅いんですが、差し歯をする際、歯の根っこ部分に優しい素材を選べるか聞いてみることをおすすめします。

 

差し歯をする時には、歯の根っこに芯(コア)を挿して固定します。

その芯が金属だと、硬いものを噛んだり歯をぶつけてしまった時など、歯の根っこダメージを与えてしまいます。

歯の根っこが割れてしまったらもう差し歯をつけることができず、その歯は抜くしかなくなります。

 

以前は「ファイバーコア」という歯と相性のいい素材を使ってもらってましたが、今の歯医者では何も聞かれず、気が付いたら歯の土台が完成していたのでおそらく保険適用のコア(金属の芯)が入っていると思います。

ファイバーコアは自費診療ですが、1本5,000円~なので検討する価値はあります。

 

被せものの種類によって選べないこともあるそうですが、だめでもいいから確認するべきだった!と後悔しています。

歯医者さんでは被せものの素材ばかり紹介されますが、芯の素材も要確認!ぜひ頭の片隅にでも置いておいてください。

 

ホワイトニングはどうする?

ホワイトニングは歯にしみたり、やり方が悪いと歯茎にダメージを与えてしまうと聞いたので、今のところ考えていません。

でも時代が進むにつれ、家で手軽に使える低刺激の薬剤も増えているようなので、いつかは使ってみるのもアリかなと考えています。

インビザ経験者は今持っているマウスピースを利用できるのもいいですよね。

 

個人的にはスポット利用できるように歯のマニキュアがもっと進化してくれないかなーと期待しています(ネイルみたいに、1週間だけ歯を白くできたらいいなぁ、なんて)。

 

 

そして将来的な話になりますが、ブリッジのセメントがはがれてしまった際、お金に余裕さえあれば作り直してしまうのもアリかなとおもっています。

土台の歯が使い物になれば、ですが!

 

これからおそらく、歯茎の変色、ブリッジの変色や割れ等のトラブルが起きるでしょう(言い切った)。

歯の悩みは尽きませんが、予算と相談しつつ最善を尽くしていきたいです。

 

皆さまや、皆さまのご家族のお役に立てる記事があれば幸いです。

以上、アラサー主婦のインビザライン矯正体験談でした!