ははとこと。自由な男子とママと時々パパの育児漫画-イラストレーターにいどゆうの子育てブログ-

ちょっと笑えてほっこりやさしい子育てエッセイ。イラストレーターにいどゆうのHPです

にいどゆうのブログ

【前歯ブリッジ編】④歯を抜いて後悔しないために。矯正・ブリッジのメリットとデメリット

▼ はじめての方はこちらからどうぞ ▼
歯の話-はじめに&目次-

前回の話はこちら

【前歯ブリッジ編】③セラミックブリッジって安全なの?何年もつ?こんな設計にはご注意を - ははとこと。自由な男子とママと時々パパの育児漫画-イラストレーターにいどゆうの子育てブログ-

 

結局私は、期間の短さと料金の安さに惹かれて、矯正ではなくセラミック矯正(俗称)を選びました。

 

あの時、なんでもっときちんと調べなかったんだろう……と後悔しています。

 

さてここで、ネットで調べてもメリットばかり目につく方のために、ブリッジで出っ歯を直そうとする前に考えてほしいことをリストにしました。

 

※ご注意※

何度も書いている通り、本ブログの内容はあくまで、出っ歯のような歯並びの処置でセラミックブリッジを考えている方へ向けた内容です。

ケガや虫歯治療で1本だけ歯が抜けた方など、ブリッジが最適な場合もたくさんあるかと思います。

私は後悔していることがたくさんありますが、ブリッジが絶対ダメ!という事を言っている訳ではありません。

参考までにご覧ください。

 

ブリッジ(俗にいうセラミック矯正)での歯並び治療が向いている人、向いていない人

【ブリッジはこんな方におすすめ】

1. もともとの歯並び、かみ合わせがそんなに悪くない

2. 歯ぎしりをしない、歯を食いしばる癖がない

3. 毎日フロスを使うのが苦じゃない

4. ブリッジを作り直せるくらい貯金に余裕がある

5. 治療を短期間で済ませたい

 

【ブリッジではなく矯正の方が向いてる方】

1. 全体的に歯並びが悪い

2. 歯ぎしりをする

3. 約2年間、毎食後歯のお手入れをきちんとやれる

4. 追加で費用がかかることを避けたい

 (やり直しが絶対にないとは言い切れませんが…)

5. 時間に余裕がある

6. なるべく自分の歯を残したい

7. 硬い食べ物をかじりたい

 

出っ歯だけを素早く直したい場合はブリッジでOKだけど、私のように他の歯の歯並びも悪く歯ぎしりをするような人はブリッジがすぐダメになるから、さらに治療費がかかってしまう。 という感じです。

 

イラスト 歯医者 歯科医 歯科 想像 嘘 個人差 質問 人による だめになったら

 

歯医者さんは「この場合は絶対に10年ももたないだろうな…5年でダメになりそう」とか「神経を抜いた歯は折れやすい」とか「土台の歯が折れたら次は隣の歯を削って、さらに数万円(保険適応)~約60万円(丈夫な素材)かけてブリッジを作り直す」なんて教えてくれません。

 

折れやすいですか? と質問したら、ケースバイケースだから何とも言えないな~、でおしまい。

 

もしブリッジがダメになったらどうなりますか? と聞いたら、作り直すことになりますね。と、簡単そうに言います。

 

歯医者さんは何も嘘をついていません。

 

個人差が大きいし、いくらお金をかけるかも人によるので、まったく未来が想像できないんです。

 

そして、患者の方はもっと想像できません。

 

現在の私がもし過去の私と喋れるなら、 「ブリッジや土台の歯が壊れた後のことを想像しろ」と言いたいです。

 

イラスト 後悔 過去 自分 言いたい ブリッジ 土台 歯 矯正 怒る 安い トータル 想像 壊れる

 

ブリッジが割れたり、土台にしていた歯が折れたらほんの数年で造り直しになって、矯正よりも高くつくということを知っておくべきでした。

幼い頃から矯正=高い、贅沢というイメージがあったので、私はそこまで想像できていませんでした。

 

治療方法によっては数十万円が簡単に無くなるし、もしお金が無限にあったとしても、ブリッジのやり直しやインプラントなどで体の負担と歯のメンテナンスは増える一方……。

 

矯正をする場合は、矯正中の約2年間きちんとケアできるかどうか、ブリッジの場合は、今後一生歯のメンテナンスができるかどうかが重要なポイントです。

 

ブリッジをしていたら、硬い物を食べるのも不便です。

「このパンおいしそう。でも、バケットが硬そうだから薄くスライスしよう」

「このクッキー、表面がキャラメリゼしてあって飴のように硬いかも?」

「とうもろこし丸かじりするの不安だからやめとこう」

 

イラスト ブリッジ クラウン セラミック 不便 硬いもの かたい 固い 食べる ためらう バケット フランスパン とうもろこし かじる クッキー

 

そんな悩みが、外食したり、知り合いの家にお呼ばれするたびに付きまとうのは結構なストレスです。

 

私の場合は歯の神経を抜いてからセラミックを被せているので土台がかなり脆い状態だったんですが、神経を残したままブリッジにした場合だとある程度硬い物を食べてもOKだそうです。

治療前に食事の制約に関して確認しておくことをおすすめします!

 

あとは旅行や入院中、つわりや病気…どんな状況でも毎日フロスをしなきゃいけないというのが地味に大変。

 

イラスト ブリッジ 不便 クラウン セラミック フロス お手入れ 旅行 入院 毎日 特殊

 

ブリッジは複数の義歯が繋がっているため、歯と歯の隙間がありません。

通常の歯ブラシやフロスでは掃除できない場所が不潔になりやすいので、特殊なフロスでのお手入れが必要になります。

 

フロスをすること自体はなんてことないんですが、どこかに泊まる場合はブリッジ用のフロスを持ち歩かなくてはいけません。

 

普通のフロスや歯間ブラシではないので、一般的なドラッグストアでは手に入りません。

万が一、避難所で寝泊まりするような事態になった時のことまで考えておかなくてはいけませんね。

 

必要な道具や詳しいお手入れ方法についてはまた後日!

 

色々な不安はありましたが、綺麗な歯並びになって笑顔で結婚式に出たい私はウキウキで歯医者へ向かいました。

 

次回へ続きます。

【前歯ブリッジ編】⑤処置が始まる!怒涛の抜歯2本&神経2本取り - ははとこと。自由な男子とママと時々パパの育児漫画-イラストレーターにいどゆうの子育てブログ-